woodspool ウッドスプール




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
ピアノ :: 2013/07/04(Thu)

                実は私


             ピアノちゃんでした


             5歳から初め15歳まで



             毎日 ピアノ弾いてました


         はじめた頃 ちょうど「エレクトーン」が流行りで
         親にかなりねだったのを覚えてます

  
         小学校の入学祝いに「ピアノ」を買ってもらい
         「エレクトーンじゃない!」といった私に


             普段 何もいわない父が


    「やるなら本物を叩け」といったのをうっすら覚えています



     当時の我が家は裕福なんかでなく 両親2人 働きずくめ
  
     お稽古は1つだけ  といわれ決して裕福ではなかったけど


           ピアノだけはなぜか?大好きでした


  中学に進む時 学校の先生から「上手なので受験したらどうか?」と勧められ

           一か八かで受験しました

         当時まだ子供だった私が感じたのは


            金持ちはピアノが上手(爆)

 
            有名な先生に習っていたり
            個人レッスンを受験のためにしていたり・・・・


        普段着に毛が生えたような格好で受けた私はとても悔しかった思い出しかありません


          そのことを父にぶつけたら


  自分の技術のなさを環境のせいにするな!と怒られた記憶があります


        反抗期に入り高校受験でも失敗し 私はピアノを辞めました



                    *

                    *

                    *



  今 チビが「ピアノをやりたい!」となぜか?言い出し 思い切ってピアノの移動を考え出しました



           色々 打ち合わせをしたのですが


  「なんて・・いいピアノなんでしょうか そうとう高いピアノだったと思いますよ」


     といわれ 自分の生きてきたもろもろを思いだしました


       今でも「本物」の音は心に響き

  電子を買った方がいいぐらいメンテナンスが必要なこともいわれました



  ただ ちゃんとメンテナンスをしてあげれば 次の代 「ひ孫」の代まで残る


             「本物」だといわれました



                    *

                    *

                    *



  最初 子供たちのために・・・と思っていたピアノですが何気なく鍵盤に触れバイエルを弾いてみたら

                涙が止まらなくなりました


               今 自分が親になり


  その時わからなかったことが なんともありがたかったことだったのか


  音を聴く私に 「お父様があなたの財産といして「音」を残したのでしょう・・・


                    *

                    *

                    *


            そんなピアノが我が家へやってきました  

       毎日 おもちゃのように弾く子供たちを横目にみながら

         こっそり 私が 今 またピアノを弾いています



              なんだろう・・・この心地よさ


 




スポンサーサイト
  1. ひとりごと
  2. | trackback:0

トラックバック

トラックバック URL
http://woodspoolantique.blog77.fc2.com/tb.php/345-b47cf6a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。