woodspool ウッドスプール




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
晴れない気持ち :: 2013/06/13(Thu)


             梅雨 今日も雨


       暑いと 早く冬にならないかなぁ~と思ったり

       寒いと 早く春にならないかなぁ~とつぶやいたり


          季節があること それもまたいい



          先日 胸がぐさーと刺さる音がした
      人それぞれ感じ方は違うと思うのでダメな人はスル―してね



          チビがお友達を我が家に連れてくる

    それはそれで 楽しそうで 私もほっこりしながら庭で遊ぶ子たちを見ている
    
    1人のお子さんが 庭に咲いている白あじさいを見ながら私にいいに来た


          「おかーさん♪アジサイが大好きなの^^その中でも白が一番好きで

                        1つ くれませんか?」と


    な~んとかわいいのじゃーーーーーーーー!!!

    もちろん即OK! 断はさみで素敵な子を差し上げた。


           「まだ 遊びたいので お水に漬けておいてくれませんか?」



    この子は きっと日々 「花 命あること」ちゃんと教わっているお子さんだと感じた

            そして なんて素敵なお子さんなんだろう・・・・とほっこりしてしまった。


    そこから2人のお子さんが「私もほしい!」といってきたので もう♪なんてかわいいんだろう~と
            切ってあげた。
            
            帰りにもっていけるように「水」につけておこうね^^というと


            もっていたい!!!といい 握りながら土いじりをして遊んでいた


    そろそろ・・・帰りの鐘が鳴る頃 庭を見て 私の胸にずきーーーん・・・と矢が刺さった




               まだまだ最後の咲きを見せてくれているバラ達


            無残に引きちぎられ そこらじゅうにちりばめられている


    えーーーーーーー!!! これどうしたの??? と思わず大きな声が出てしまう



                 悪いことなんて感じてない


                 ちぎってなにがいけないの???  そんな感覚なんだ


          先程 あげた あじさいも無残に踏みつぶされていて 真っ黒



                      痛い・・・・ ずきーーーんと胸に刺さった



                 もう・・1年生だ だけど まだ1年生だ・・・


          あのね・・・ これは怪獣2号のママが大事に大事に育てているお花なの

              ちぎったら 最後 咲かないの。
          
          お友達の家に遊びにきて 庭のお花ちぎる??? ちょっとこれはだめだね


               あぁ?心の中は土砂降りの雨ですよ



            だって~わからなかったんだもん!!!



                   ・・・・・・ そうね・・・ わからないんだよね



       教科書で学ぶ 「命の大事さ」なんてさぁ きっと今の子わからないんだよね



            「お邪魔しました」の1言がある訳でもなく

            「もらってもいいですか?」の1言がある訳でもなく

         しまいには 玄関のチャイムを押さず 堂々と我が家に上がりこむお子さんだ



         何度か これは?と思うことをすると注意すると帰~える!といなくなる 



        何だか 悲しくなってしまい 早く帰るようだけいい 家の中に入ってしまった   



                  もちろん2人は挨拶はない



     ソファーで 悶々とした気持ちと葛藤しているとあの白あじさいのお子さんがお話したいときた



        「 私 とても 辛かったんです。 やめよう!と何度もいっても・・・」と泣きだした


        「本当だよね・・・」私も思わず泣いてしまった。


               白アジサイのお子さんはとても胸を痛めていた


                           まだ 救いだった


                     *

                     *

                     *

   
   帰宅後1時間もしないうちに 白アジサイのおかーさまから電話が来て 我が家に顔まで出してくれた

           おかーさまは「白あじさい」のお礼を何度もいわれ 反対に恐縮してしまう

                 そして 出来事を全て聞き 謝罪に来たという


        いえいえい・・・反対ですよ

   こんな素敵なお子さん♪始めてお会いしたこと

   おかーさんの大好きなお花をプレゼントしたい!と願ったこと

   ちゃんと・・・お水をあげて下さい といえたこと


        素晴らしい!!! と 私は 我が子にもちゃんと伝えなければならないと教えられたと話す



            そして・・・我が家の無残にちぎられたバラを見て やはり絶句していた。

             もちろん 白アジサイのお子様がしたことではない


   
                  「 わからなかったんだもん 」



                       001_convert_20130613085136.jpg



                              ある意味 怖さを感じた

 


          


            

スポンサーサイト
  1. ひとりごと
  2. | trackback:0

トラックバック

トラックバック URL
http://woodspoolantique.blog77.fc2.com/tb.php/338-e66da4c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。