woodspool ウッドスプール




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
だんごーーーーーー!!! :: 2012/03/05(Mon)

                             あぁ~心の中にどんより雨雲

                       この頃 本当に余裕がなさすぎ 優しい気持ちになれず


                  いけませんねぇ~とちとリフレッシュに手話サークルの研修会の1つ
                          日帰りバスツアーにいってきました


                        
                             「 古都の鎌倉を歩く 」                                  
                          えーーーーー電車でいけるじゃん?いやいや
                     こういう研修会がないとなかなか「ろう者」との出会いも少ない


                         生の手話を見ることができるのです
                      そして他のサークルのメンバーの方々との交流も


                   ???といいながら娘たちは「古都鎌倉散策」を楽しみにしていました
                         (違った意味で


                           花の寺「瑞泉寺」


                   054_convert_20120305104249.jpg

                        
                        総勢40名の参加でろう者半分・健常者半分という
                              ところでした


                鎌倉は本当に道が狭い 山々に囲まれ 山道をえっちらおっちら・・・
                    車1台すれ違える?ぐらいの道並みなので 徒歩で移動が多い

    
                      もちろんろう者には車がきた音は聞こえないのです


                手話通訳士さんが4人 ガイドさん1人・・・一緒に一列に
                   これが難しいのが最初の移動でわかったのです

                足に障害がある方・耳が聞こえない方・おしゃべりに夢中な方
                  一番後ろからよちよち歩く私たちは正直はらはらドキドキ!!!
                車が来るたびに 「ぽんぽん♪」と肩を叩き 「車」の手話で伝える


                      多分 私たちで歩けば10分で済むであろう道並みでも
                  皆で移動すると ゆうに30分はかかる
                だけど それを 「楽しむ」自分がいた そしてそれを娘にも手伝わせた




                    お昼 子供たちの中におばちゃん入る(爆)
                今回はうちを含めて10名のお子ちゃまが参加していた
                   皆 健常者だ ご両親が「ろう者」で ほとんどが「言葉」で会話する
                もちろん 親と会話するときは「手話」だ


                   すごい!とかそういう気持ちはなく それは必然なんだろうなぁ・・・
                特別ではなく 「当たり前」なんだろうな・・・と
                   必死で覚えようとしている娘たちを見ながら なんとなく複雑な
                気持ちになった


                   下は2才(爆) まぁ~じっとしていることはなく
                あっちら~こっちら~・・・気が付くといなくなる(爆)
                   お父さんはごはんすら食べれず(爆)頑張って食べさせようとしている

                気が付くと 大きいおにーちゃんがお父さんの手助けをする
                  当たり前の光景なんだけど 時間がたつにつれ子供たちが色んな方々を
                助ける姿を目に するようになる



                  それは 当たり前のことなんだろう・・・日々の中では
     


             

            059_convert_20120305111524.jpg


             最終関門 「銭洗い弁天」 八幡宮~徒歩40分
           えっちら~ほっちら~バラバラなりながらも 皆で歩いた

             途中・・・・一番最初のあの2才チビちゃんがぐずりだす
           お父さん 抱っこした時 おねーちゃんが 何だかもじもじ。。。もじもじ。。。
             そ~と 歩み寄り 「リュックを私が背負います」 と手話で話ていた


                  おねーちゃんは本当に照れ屋さんで
           自分から前に!というタイプではない そのおねーちゃんが勇気を振り絞り
             身振り手振りで伝えていた姿を見ただけで この研修会に参加してよかった


                    本当にそう思った 10分前までは



                 我が家のチビがとうとう・・・ぐずりだした(爆)
           まぁ~考えてみたら ずーーと歩いている そして誘惑が多い
                
              「団子が食べたいーーーーーー!!!」
            
                    周りの役員さんたちも心配して
               「何で?泣いているの???」と聞いてくる 
        

                   「団子が食べたいとだだをこねているだけです
                                           気にしないで」

           と いった時 ある方(健常者)が「おかーさん 団子買ってあげなさいよぉ
                              なんなら?私が買って あげようか?」


                と 親切な気持ちでいってくれた


          「ありがとうございます 
               ただ・・娘が食べだしたら皆 食べたくなります
                   八幡宮までいったら自由時間があるので そこで食べさせます」


                    と お断りした 娘???   


          「ママのいじわるーーー!パパー!!!」 
          あぁ~パパは家でお留守番だから



                     皆 大笑いだ ← 我が家は恥ずかしいばかりだが

            おにーちゃんたちが 「あげるよ」 と飴をくれたにも関わらずチビは

                「団子じゃなーーーーい!」
                         と まぁ~ご機嫌斜め



                  060_convert_20120305114114.jpg

         目指せ!「鶴岡八幡宮」
                               ご機嫌斜めでも

  「団子~だんご~♪ 食べたいなぁ~ あぁ?せんべいもいいな♪」

                               下を向きながらもぶつぶつ・・・ぶつぶつ
                                   頑張って歩いた



                  さぁ~八幡宮だーーーーーーー!!!団子だーーーーー!!!



         あれ??? あれ??? 人数が足りない おにーちゃん2人がいない!!!


                    最後尾を私たちが歩いていた
                 いやいや 誰も追い抜いていない・・・・・


           役員のお父様(ろう者)は必死でメールで問いかけるが
              ここがどこだか わからないという




                    皆に迷惑かけるので 皆さんは自由散策を楽しんでください



           誰 一人(一人だけ除いて)←我が家のチビ 散策を楽しもう!という人はおらず
              通訳士さん 4組に分かれ 銭洗い・八幡宮~と別れ 
           皆で 探すことに・・・・・



                    途中 「気が付いたら八幡宮に来た」 と連絡が入り
                              やっと全員揃った
              もちろん・・・その時点でバスの出発時間は過ぎてしまっていた



                おにーちゃんの手には「団子」の袋 



           途中 「団子屋があり 列から抜けて 買った 気が付いたら誰もいなかった」
                (一か所 曲がる場所があったんだ)


                団子? その団子はうちのチビにために買ってくれたという



            
           バスの中で 8個の「だんご」を10人でどう分けるか???
             あーだ!こーだ! いってる子供たちを見て やっぱり参加してよかったなぁと
             2時間後にまた 思った 私でした



           
                    058_convert_20120305121902.jpg

         
            

              いつか かーちゃんが団子をなぜ?買ってくれなかったか わかる日がきます




               
                        
スポンサーサイト
  1. おでかけいいところ
  2. | trackback:0

トラックバック

トラックバック URL
http://woodspoolantique.blog77.fc2.com/tb.php/262-307b67a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。