woodspool ウッドスプール




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
もなかのおじさん :: 2011/05/05(Thu)


              皆さんはどんなGWをお過ごしでしょうか^^


    我が家のGWはまさしくカレンダー通り^^ 変な中日にちゃんとお仕事&学校&お稽古
      短い後半のGWとなりました


    
             そんな中イベントのお仕事が少しづつ復活
          地震直後に2催事のお仕事が入っていましたが全てキャンセル


        計画停電やら何だか物騒な児童殺傷予告なるものがあったり・・・・
          とっても落ち着かない日々が続いていたので家に入れたことはよかったこと



           久しぶりのお仕事に何だか体が思いだすまで時間がかかりました
 

     私の5連日のお仕事は 初日東京のレーズンウィッチ 翌日 長崎のカステラ
          3日目からは 仙台の有名な和菓子の販売でした
     最初の1日目は入口ど真ん中で「仙台より~♪」それは。。。それは。。。待ってました!
     といわんばかりの人!人!人・・・・


          休憩を頂くのも申し訳ないぐらいの混み具合でした


     皆さん必ず1言。。。2言。。。「仙台にいったらこれだよね」
                   「冷やすとおいしいんだよね」 思入れをお話になられます



            
          買うことで「応援」という気持ちからでしょうか
       そして必ず皆さん なんかしらの思い出がお持ちのようでした

     4日目になると同じ仙台の白松がもなかのおじさんの隣に引っ越しました このおじさんが本当に面白い人



      

        決して 出ることなく ぼそり・・・と「え~もなか~もなか~」と語りかけるように
          いうのです
        そして「おねーちゃんの会社には勝てっこない~うちは小さいからね・・・・」というのです



     「そんなことないですよ 現に お客さんは白松がさんの所に吸い込まれるように来ているじゃないですか?」
      本当にそうなんです 必ずといっていいほど足は止められるお客様は多い



        だけど「あぁぁぁぁーーーーーもなか!!!」と行かれる人は断トツ多かった


       私?そりゃ~一生懸命に宣伝もし(爆)行かれる人に試食して頂き 説明して・・・
       だけど?隣の白松がもなかを見た途端





            あぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーー白松がもなかだ!!!!




    と行かれてしまうのです。




       おじさんは「おねーちゃんの会社(というか・・・私は雇われバイトだから私の会社じゃないんだけど(爆)
       試食・宣伝・・・・販売地域・・・店舗数・・・かないっこない!というのです



      「おじさんは仙台のご出身なんですか?」と聞く私に「出身は福島。縁あり・・・この会社の販売人になった。全国各地
       を周り まぁ~旅 販売員ってところかな~」となんともいえない温かい声で話されます





                本当に温かい おじさんでした
        そしてそこに立ち寄る「東北出身」の方々も本当に温かい声で

         
          「小さい時本当にこれがおやつだったんだ・・・」
        と郷里を思いだされながら購入していかれてました






        私の目に映った 現実は 大きさや規模からいったらかないっこないだけど
     昔からある「業」だったり「伝統」だったり「信頼」だったりするのは
        大きさや規模・店舗数ではなく



     やはり あのおじさんの「あぁ~もなか~もなか」の一言に込められた気持ちではないだろうか?



         そして いつ 食べても変わらない 「味」が引き寄せているのではないかな?






      「あぁ~今年は全然だめだなぁ・・・・」というおじさんに最後のお客様が

    「 おぉーーーまさかここで・・・もなかだよ!おかーさん! 」と駆け寄ってくる私から見て
      ん~もう・・・70歳近いおじさまだったでしょうか?




           「一関 出身でね・・・今日 やっと新幹線が通ったよ
                  もう・・・食べれることはないと思っていたよ・・・・
                          懐かしい 懐かしい 全部下さい 」



                 といって お買い上げになられました




     

             おねーちゃんにいいことひとつ教えてあげようか?
                と もなかのおじさんがいいました





                 自分の仕事に誇りを持つこと
            1個試しで買われた方が「これはいい!」とファンを増やすんだ



                    「ファンを大事にすること」


          それが 叫ばなくても 試食はなくても 歩み寄ってきてくれる秘訣だよ






      最後 「短い間でしたが 本当に色々勉強になりました。また是非どこかでお会いしましょう」

            と最後のお別れ



    このお仕事は出会いもあれば別れもあり・・・・いや~ニ度と顔を見たくねぇなぁ~という人もいるけど(爆)
    本当に色んな方との出会いは私に色んな刺激を与えてくれる




                          面白い仕事だ





002_convert_20110505132329.jpg
      
     









         


             





    

                 



     


















 
スポンサーサイト
  1. ひとりごと
  2. | trackback:0

トラックバック

トラックバック URL
http://woodspoolantique.blog77.fc2.com/tb.php/177-2f71f487
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。